パルクールとは?

 

パルクールは、さまざまな環境、地形を利用し、障害物を走り抜ける、飛び越える、登るなど、
身体で出来るすべての機能的な動きをもとに行う身体訓練です。

例えば街中の手すりや柵を飛び越えたり、
その上でバランスをとって歩いたり、または下をくぐったり。

壁の向こう側へ行くために、よじ登ったり、壁を蹴って登ったり。

もし難しいことに直面したのなら、それを乗り越えるための練習方法を考え、
自分ができるレベルのものから実践します。

パルクールを通して得られるのは、

・全身の筋力

・身体感覚の向上

・身体操作性の向上

等が挙げられます。

トレーニングの過程で、諦めない力自分が感じる恐怖と向き合う力など内面も鍛えることが出来ます。

・どこでもできる。

・自分なりの方法、スタイルを見つけられる。

・始めたその日から世界の見方が変わる。

それがパルクールの魅力です。

パルクールの実践者はトレーサーと呼ばれています。

トレーサーはあらゆる環境・地形で行うことができる、あらゆる動き・あらゆるルートを探ります。

ルールはないので、自分のイメージ次第で方法はいくつも生まれます。

それは、毎日の見慣れた景色のなかでも可能です。

つまり、パルクールを始めたことによって、その日からすべての景色がパルクールができる可能性を持ったトレーニングスポットに変わります。

パルクールを実践するうえで、継続して取り組み、常に自己改善を意識することがトレーサーを自身の目的へと導いていきます。